優良賃貸物件は保証会社不要がもう常識に!?すぐに埋まるから目立たない事実

保証会社と不動産屋は繋がっている

賃貸物件を借りる時に、保証会社利用必須という物件を大手不動産屋チェーン店では勧められます。保証人を用意出来るのに無駄な費用を支払たくないという人にとっては単なる迷惑な話ですが、保証会社を付けると不動産屋へバックマージンが流れる仕組みがあるから利用の強制が起きているのです。入居後に大家から保証人利用でも契約出来ることを知ってショックを受ける人も多いでしょう。一度嫌な思いをした人は、次からは慎重になるので保証会社を必須とする賃貸物件の空室率が高くなるのです。

保証会社利用は任意かオーナー負担に

大家にとって保証会社を利用することは、メリットが多いです。保証人となった人の中には、長い賃貸契約期間中に支払い能力が低下することは珍しくありません。いざ保証を求めた時に回収出来ないことも珍しくありません。このために保証会社にかかる費用は大家側で負担するケースが増えています。借り手からすると、オーナー負担であれば余計な費用を支払う必要がなくなるので、保証会社利用についてデメリットは滞納しない限り発生しません。

保証人を立てて借りられる物件は優良物件に多い事実

保証人を立てて借りられる賃貸物件は、見た目として少なくなっているように見えます。しかし、実際には優良物件や非公開物件のために表に出て来ないだけで、地元の不動産屋を中心に常に満室に近い状態を維持している状況があります。空室が出るとすぐに埋まり、長期契約者が多いために賃貸経営上も空室に悩まされることは少ないのです。優良物件ほど昔ながらの保証人を立てた契約方法を自由に選べることは、知る人ぞ知る秘密に近い状態になっています。

帯広市は、農業が盛んな地域で豊かな自然や緑が多い地域です。市街地には商業施設も多くあり、住宅地も広く整備されているので、帯広市の賃貸物件は暮らしやすいというメリットがあります。