四季を感じられる!老人ホームでの季節を楽しもう

春にお花見をするホームは多いです

老人ホームというとずっと屋内で過ごすイメージがありませんか?最近は高齢化社会と言ってもまだまだお年寄りが元気で、その分老人ホームもアクティブなところが増えています。たとえば春にお花見をするホームというのはとても多く、ホームのバスでみんなでわいわいと遠足のように春のひとときを過ごします。若いうちは何とも思わなかった桜でも、年をとるとその美しさが何倍も身にしみるようになり、毎年桜を愛でるのが楽しみな入居者も多いようです。

季節の行事ももりだくさん

他にも、ひなまつりや七夕などの季節の行事をしっかりと行なうホームが多いようです。季節感を大事にし、社会性を失わないようにという配慮もあるのかもしれません。またテレビやラジオなどの影響もあり、流行に乗ること自体を楽しんでいるお年寄りも多いです。働き盛りの頃はおろそかにしていた日本の伝統行事にゆっくりと向き合うことで、子どもの頃を懐かしんだりすることもできます。時間ができた今だからこそ、このような行事を大切にしたいですね。

きめこまやかなホームを選ぼう

今はどの老人ホームでも季節の楽しみを取り入れていますが、型通りの行事ではなくスタッフと一緒に穏やかに楽しめるような、きめこまやかなケアのできるホームを選びたいものです。入居を考えたら、行事に合わせて見学に行ってみるのもいいかもしれません。イベントの盛り上がり具合で、そのホームの空気感も分かります。自分に合ったホームを見つけられたら、もしかしたら、若い頃よりも豊かな四季を感じられるかもしれませんね。

川崎市の老人ホームは数多くあるので、老後楽しく過ごすためにも自分に合った老人ホームをしっかり選べます。